コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > その他 > ファームの人事/組織/採用の動向 > 船井総合研究所、ベンチャーキャピタル事業から撤退を発表

2013.06.19 船井総合研究所、ベンチャーキャピタル事業から撤退を発表

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

船井総合研究所は100%出資子会社の「船井キャピタル」を解散および清算すると同社HPにて18日発表した。

船井キャピタルは1990年に設立され、投資事業組合の運営を柱とするベンチャーキャピタル事業を展開していた。同社ウェブサイトによると従業員は6名。解散の理由は、リーマンショックを発端とする国内株式市場や新規上場市場の低迷で業績が悪化したことに加え、新規投資の手控えにより今後の収益も見込めない状況のため今回の決定に至ったとのこと。

船井総合研究所への決算にはプラスの影響が出ている。それは、同社の貸倒引当金が容認されるためであり、その影響により法人税が321百万円減額する見込み。その他もろもろの理由も含め船井総合研究所の純利益は4億円上方修正されている。なお前回発表予測では7億円だったため、純利益ベースで57%の増益となっている。詳しくは同社プレスリリースをご覧ください。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130618070142.pdf


 

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

ページの先頭へ