コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 1.戦略 > マッキンゼー > マッキンゼーのディレクター山梨広一氏、書籍「シンプルな戦略」を発刊。

2014.03.18 マッキンゼーのディレクター山梨広一氏、書籍「シンプルな戦略」を発刊。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

3月14日、マッキンゼーのディレクター山梨広一氏が、著書「シンプルな戦略 : 戦い方のレベルを上げる実践アプローチ」を発刊した。山梨氏は、マッキンゼー在籍25年、パートナー経験20年のトップコンサルタント。

本書は、マッキンゼーならではのフレームワークを随所で紹介。わかりやすい事例もふまえて、現状分析からシンプルな戦略の構築、実行までの基本が学べる構成となっている。

戦略構築の基本となる6つのステップは以下の通りと紹介されており、基本の6つのステップをやりぬくことで、特にステップ4~ステップ6は行ったり来たりして質を高めることで、シンプルな戦略ができ上がるということ。

ステップ1:戦略目的を設定する
ステップ2:境界条件を再確認、再定義する
ステップ3:環境を認識し、自社独自の洞察を導く
ステップ4:課題を抽出し、構造化する
ステップ5:戦略的方向性を創出、選択する
ステップ6:戦略としてまとめ上げる

著者の山梨氏は、マッキンゼー・アンド・カンパニーディレクター。1954年東京都生まれ。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院修了(MBA)。富士写真フイルムを経て、90年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。95年からパートナー。

なおプロフィールは以下のマッキンゼーのウェブサイトに掲載されている。

http://www.mckinsey.com/global_locations/asia/japan/ja/our_people/hiro_yamanashi

 

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

ページの先頭へ