ATカーニー、インターネットと消費者の“つながり”に関する調査結果を発表 |

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > ATカーニー、インターネットと消費者の“つながり”に関する調査結果を発表

2014.12.03 ATカーニー、インターネットと消費者の“つながり”に関する調査結果を発表

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

12月1日、A.T. カーニーはインターネットと消費者の“つながり”に関する調査結果を発表した。この調査は2014年7月に世界10カ国(米国、英国、ドイツ、ブラジル、ロシア、中国、インド、南アフリカ、ナイジェリア、日本)で実施され、各国約1,000人(合計10,009人)から得た回答をもとに分析したもの。

この調査によれば、世界各国の消費者がインターネットと“つながる”重要な動機として以下の4項目を挙げている。

• 誰かとつながるため:全回答者の平均73%が、インターネットに接続する主な動機は家族や友人とコミュニケーションするためと答えている。その傾向が強い国はインド(回答者の94%)、ナイジェリア(89%)、中国(88%)で、日本は調査国中、最も低い34%
• ネットで検索 :驚くことではないが、全回答者のまさに95%が、インターネットに接続する主な動機は新しいモノ・コトを探したり、学ぶためと答えている。
• 自己表現:インターネットを通じて誰かと意見交換したいという傾向は、特に表現の自由が制限されている新興国にて顕著である。 特に中国、ナイジェリア、インドでは回答者の85%以上が、インターネットに接続する主な動機は自己表現のためと答えている。日本は調査国中、最も低い30%
• 利便性 :スポーツや映画などを自宅にいながらにして楽しむための娯楽目的。

また、全回答者の平均46%が、ソーシャルネットワークは、インターネットに接続する大きな理由であると答えており、ブラジル(58%)、ナイジェリア(57%)、インド(54%)、ロシア(52%)は、ソーシャルネットワークに費やす時間がオンラインショッピングや検索よりも多く、いわば支持派。一方米国(39%)、ドイツ(36%)、日本(32%)はソーシャルネットワークがネットに接続する主要な目的ではない、と答えている。

より詳しくは以下のリンクをご覧ください。
http://www.atkearney.co.jp/about/popup/141201.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ