BCG、新コンセプト「戦略パレット」書籍発刊。スマホ向けゲームアプリの提供も開始 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 1.戦略 > BCG、新コンセプト「戦略パレット」書籍発刊。スマホ向けゲームアプリの提供も開始

2016.02.18 BCG、新コンセプト「戦略パレット」書籍発刊。スマホ向けゲームアプリの提供も開始

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

2月17日、ボストン コンサルティング グループ(BCG)はスマートフォン・タブレット向けゲームアプリ『戦略にこそ「戦略」が必要だ』の提供を開始したことを発表した。

本アプリは、主に経営幹部、経営戦略に携わる方々、経営を学ぶ学生向けに、様々な事業環境を疑似体験しつつ「それぞれの環境に適した戦略アプローチを選び実行するにはどうしたらよいか」を学べるようつくられたビジネスゲームアプリとなっている。

内容は、シンプルなレモネード売りのビジネスにおいて、プレーヤーはニューヨーク市の 5 つの区でそれぞれ異なる環境に自らの戦略アプローチを適応させ利益を競う内容。以下同社プレスリリースからの参考画像だ。

戦略パレットBCGアプリ

「戦略パレット」と名付けたコンセプトを紹介した書籍の発刊にあわせて

「BCGがゲームアプリをリリース」というのも突然のように聞こえるが、これは同社の書籍『戦略にこそ「戦略」が必要だ』(日本経済新聞出版社)の刊行にあわせたもの。この書籍でBCGは「戦略パレット」(Strategy Palette)というコンセプトを紹介。

この新たなコンセプト「戦略パレット」は、

(1)市場の予測可能性
(2)市場の自社による改変可能性
(3)市場の苛酷さ

の 3 つの軸により分類される、下記5つの型を紹介。

1.クラシカル「伝統型」
2.アダプティブ「適応型」
3.シェーピング「形成型」
4.ビジョナリー「先見型」
5.リニューアル「再生型」

自社の事業環境に最適な戦略アプローチを選び、効果的に実行するための実践的な指針を提示。クラシカル、アダプティブ、ビジョナリー、シェーピング、リニューアル、それぞれのアプローチについて、どんな状況に適しているか、どんな時にどのように実行するか、どうしたら落とし穴を避けられるかを説明している。

上述のアプリはこの「戦略パレット」の考え方に基づき、今日の多様でダイナミックな事業環境で生き残り、成功するために必要な様々な戦略アプローチを、単純化した形で表している。

当編集部でもプレーしてみたが、書籍の理解が深まるという位置づけになっているように感じた。

BCGはこの戦略パレットの考え方について、理解を深めるための動画も公開しており、こちらも必見だ。

また、書籍内容の一部がハーバードビジネスレビューでも紹介されており、理解を深めやすい。以下参照されたし。
http://www.dhbr.net/articles/-/3862
上記の動画、記事、アプリ等を使って、BCGの新たなコンセプトに対する理解を深めておきたいところだ。

なお、アプリのダウンロードはこちらから。

– App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/your-strategy-needs-strategy/id951248714?mt=8

– Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bcg.strategystyles.game&hl=ja

本件に関するBCGのリリースはこちらをご覧ください。
http://www.bcg.co.jp/documents/file205249.pdf

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ