アリックスパートナーズ、東芝傘下のウェスチングハウスの支援を開始 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 2.戦略実行支援/投資型 > アリックスパートナーズ > アリックスパートナーズ、東芝傘下のウェスチングハウスの支援を開始

2017.03.10 アリックスパートナーズ、東芝傘下のウェスチングハウスの支援を開始

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

ロイター、ブルームバーグなど、アメリカ主要メディアによると、東芝の米原子力子会社ウェスチングハウス(WH)が「事業運営の再構築と財務の立て直し」の責任者として、事業再生を手掛ける経営コンサルタント会社であるアリックスパートナーズのリサ・ドナヒュー氏と契約したことを明らかにした。また、ウェスチングハウスは法律事務所ワイル・ゴッチェル&マンジスLLPの複数の破産専門弁護士とも契約したなどとしている。

アリックスパートナーズについて
アリックスパートナーズは、1981年にデトロイトで操業したコンサルティング・ファーム。企業再生を得意分野としており、米国ではワールドコム、Kマート、エンロン、ゼネラルモーターズといった企業の再建に取り組んだ実績があるとされている。

企業再生案件において蓄積した事業・組織再編、ステークホルダー交渉、計画の実行力とスピード加速に関する経験とノウハウを駆使することで、業務改善・組織強化・事業統合の支援することが強み。破綻危機にある企業の支援を得意としてきたが近年では、健全な企業に対する支援まで活動の場を広げ多くの実績を上げている。

東京オフィスは、2005年の設立。それ以来、JAL、ライブドア、ブルネイ航空など、数多くの企業再生に取り組んできた実績がある。詳しくは以下の記事を参考ください。

ブルームバーグ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-09/OMJ6LV6S972801
ロイター
http://jp.reuters.com/article/whouse-bankruptcy-legalcontract-idJPKBN16G06D

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ