コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > デロイトトーマツ > デロイトが発表のJリーグビジネス版ランキング1位は浦和レッズ

2017.10.04 デロイトが発表のJリーグビジネス版ランキング1位は浦和レッズ

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

 9月28日、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、サッカーJリーグ全クラブ(J1~J3)の2016年のビジネス版ランキング「Jリーグマネジメントカップ2016」の結果を発表した。J1~J3のそれぞれ1位は、J1浦和レッドダイヤモンズ、J2レノファ山口FC、J3栃木SCとなった。これは、2017年7月にJリーグから公表された53クラブの2016年の財務情報を中心に、マーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の4つをそれぞれのステージに分けて数値化し、ランキングにしたもの。

 「Jリーグマネジメントカップ」は、ゲームで勝つ「フィールド・マネジメント(FM)」だけでなく、いかにビジネスとして収益を上げ事業拡大をするかという「ビジネス・マネジメント(BM)」の側面にスポットライトを当てたランキング。デロイトUkではすでに20年以上前から、欧州各国のBMをランキングしており、今後は日本でもスポットライトを当てて、より一層の競技パフォーマンス向上と、スポーツビジネスの活性化に繋がって欲しいという想いで開始した。

 ◆J1 浦和レッドダイヤモンズの勝因はリーグトップの安定した入場者数

 浦和はマーケティング4位、経営効率、経営戦略ではともに1位、財務状況分野で2位と安定。吹田スタジアムの稼働で勢いに乗るG大阪を僅差でかわし、2014年シーズン以来、2度目の1位となった。好成績を牽引した要因は安定した入場者数であり、それが多くのスポンサー収入やグッズ販売につながったと考えられる。中でもグッズ関連物販利益の規模は他クラブを圧倒した。一方で、新規観戦者割合や集客率には課題もあり、今後の施策に注目される。

 ◆J2 レノファ山口FCは経営効率、経営戦略、財務状況で1位
 山口はマーケティングで2位、経営効率、経営戦略、財務状況で1位となった。山口は2014年にJFLに加入してから毎年、J3、J2へと順調に昇格してきており、それが好影響を与えている。一方、2016年はJ1への昇格を果たせなかったため、来期はJリーグ加入後初めて昇格がない中で迎えるシーズンとなり、真価が問われるシーズンとなる。

 ◆J3 新規参入の勢いを活かした栃木SCが1位
 栃木はマーケティングが1位、経営効率、経営戦略でともに3位、財務状況では7位。ポイントでは大分と並んだが、マーケティング分野で大分を抑え、僅差で1位となった。

 【数値化方法】
 マーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況に対して、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーが以下のKPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標)を設定した。

〇マーケティング:平均入場者数、スタジアム集客率、新規観戦者割合、客単価
〇経営効率:勝点1 あたりチーム人件費、勝点1あたり入場料収入
〇経営戦略:売上高・チーム人件費率、販営費100万円あたり入場料等収入、グッズ関連物販利益額
〇財務状況:売上高、売上高成長率、自己資本比率

 上記KPIに基づいてリーグ別にランキングに応じたポイントを付与(J1の第1位は18ポイント、J2の第1位は22ポイント、J3の第1位は13ポイントで、順位が1つ下がるごとに1ポイント減らす)し、最終的に4つのステージの累計ポイントによってランキングする。BMポイントが同率の場合、マーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の順で順位が上のクラブを上位クラブとする。Jリーグからの開示情報が一部精緻化されたことに伴い、今回よりKPIに「グッズ関連利益額」を追加している。

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーの発表はこちら

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

ページの先頭へ