太陽と優成の準大手監査法人2社が来年7月に合併で合意 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > その他 > 提携・出資・合併・再編・設立等 > 太陽と優成の準大手監査法人2社が来年7月に合併で合意

2017.10.06 太陽と優成の準大手監査法人2社が来年7月に合併で合意

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

 太陽監査法人と優成監査法人の準大手2法人が3日、来年7月1日の合併を目指して協議を進めることで基本合意したと発表した。この統合によって人員数は約80人、監査を担当する上場企業は200社になる。

 太陽監査法人によると、統合の目的は、組織的な規模の拡大によって経営基盤を強化して、各種の施策を進め、グローバル・ネットワークファームへの発信力・対話力を高めることで、監査法人として新たなステージを目指すためだという。

 両法人の売上高(太陽60億円、優成36億円)を合計すると96億円。それでもビッグ4と呼ばれる新日本、あずさ、トーマツ、PwCあらたには遠く及ばない。しかし、監査を担当する上場企業数は195社になり、現在4位のPwCあらた監査法人(122社)を抜くことになる。また社員数は80人へと膨らむ。

 以下は監査法人の売上高上位5法人と優成監査法人の比較(左から売上高、監査上場企業数、公認会計士数、社員数)。

1位 新日本:   1000億円    932社   545人  556人
2位 トーマツ:  964億円    908社   529人  578人
3位 あずさ:   898億円    708社   570人  606人
4位 PwCあらた: 370億円    122社   103人  130人
5位 太陽:    60億円    144社   53人   55人
–  優成:    36億円     51社   22人   25人

※2017年10月時点 ※1億円未満は切り捨て

日本公認会計士協会「上場会社監査事務所登録情報」より

太陽監査法人の発表はこちら

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ