新日本監査法人、AIによる会計仕訳の異常検知アルゴリズムを実用化 |

コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > 従来のコンサルテーマ > 会計・財務・税務サービス > 新日本監査法人、AIによる会計仕訳の異常検知アルゴリズムを実用化

2017.11.08 新日本監査法人、AIによる会計仕訳の異常検知アルゴリズムを実用化

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

新日本有限責任監査法人(以下、新日本監査法人)は、会計仕訳データからAIが取引パターンを学習して異常仕訳を自動的に識別するアルゴリズムを開発した。

先端デジタル技術の監査現場への活用を推進するため新設したDigital Audit推進部により、監査先企業に順次展開する。

新日本監査法人は、このアルゴリズムを含む先端デジタル技術を駆使し、効率的で深度ある監査の実現を目指すとのことだ。

異常仕訳の抽出は、監査人が一定の仮説に基づいて検索条件を設定し、これに該当する異常な仕訳を抽出する手法が行われているが、このアルゴリズムは、AIの要素技術の一つである機械学習を用い、何万パターンにもおよぶ会計仕訳から、収益の過大計上や費用の過少計上などの異常な仕訳をAIが自動的に検知。監査人はAIにより抽出された異常仕訳の分析に集中できる十分な時間を確保することで、監査品質の向上を図るとのこと。

新日本監査法人は2016年7月にも公開情報(財務諸表など)に含まれる過去の虚偽や訂正の事例からAIが監査先企業の将来のリスクを予測する不正会計予測モデルを導入しいた。今回、公開情報よりも詳細で膨大なデータである内部の非公開情報を利用するアルゴリズムを新たに導入し2つの技術をあわせて監査現場で活用することで、リスク識別や異常検知の高度化を目指す。

新日本監査法人が監査現場で活用する2つの技術
※下記プレスリリースより
新日本監査法人、AIによる会計仕訳の異常検知アルゴリズムを実用化

新日本監査法人は、先端デジタル技術を駆使した深度ある監査の実現「Smart Audit」を目指し、2016年11月に先端デジタル技術の監査への導入を研究開発するアシュアランス・イノベーション・ラボ(AIL)を設置している。今回100名体制で新設したDigital Audit推進部は、AILと協働し、開発した監査ツールなどを監査チームに展開していくという。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
https://www.shinnihon.or.jp/about-us/news-releases/2017/2017-11-06.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ