アクセンチュアとお茶の水女子大学が女性ビジネスリーダーの教育と育成に向けて連携 |

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 4. 総合系 > アクセンチュア > アクセンチュアとお茶の水女子大学が女性ビジネスリーダーの教育と育成に向けて連携

2018.02.21 アクセンチュアとお茶の水女子大学が女性ビジネスリーダーの教育と育成に向けて連携

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

アクセンチュアとお茶の水女子大学は2月19日、デジタル化が進展する世界において、グローバルで活躍する女性管理職やリーダーの育成に向けた包括提携協定を締結したことを発表した。

本協定によって両者は以下のような活動を行うとのことだ。

● お茶の水女子大学に在籍する全学部生・大学院生を対象に、アクセンチュア社員がグローバル人材として活躍するために必須なコミュニケーション力、交渉力、プレゼン力、分析力や、数字を読み解く力など、実践的なノウハウを教授する講座を開講

● 先端デジタル技術や世界的なビジネストレンドについての学習の場、革新的なビジネスモデル、商品・サービスのアイデアを討議する機会も設定

● キャリア形成につながる講座などから学生が自分のキャリア志向に適した講座を選択できるよう、講座内容や受講タイミングについてのアドバイスの実施

● アクセンチュアに多数在籍するお茶の水女子大学卒の社員との交流会や、職場見学会などの機会の設定

● お茶の水女子大学が、アクセンチュア社員に対するアンケート調査などを実施し、実際のビジネスの現場で求められる知識、スキルや情報を分析するなどして、学部生や大学院生、社会人向け教育カリキュラムの最適化とさらなる高度化を図る。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
https://www.accenture.com/jp-ja/company-news-releases-20180219

2025年までに社員数の男女比を均等にするアクセンチュアのグローバル目標
アクセンチュアは昨年6月ニューヨーク発で「アクセンチュア、2025年までに社員数の男女比を均等にする目標を設定」というプレスリリースを発表していた。

当時のリリースでは、グローバル全体で約15万人の女性社員(社員数のおよそ40%)が働いているとし「2025年までに社員の男女比を50:50にすること」や「2020年までに女性マネジング・ディレクターを25%」とする目標を発表していた。今回のお茶の水大学との連携はこうしたグローバルでの動きに追従するものと考えられる。
参考ニュースリリース:https://www.accenture.com/jp-ja/company-news-releases-20170626

過去には慶応SFCとの連携も発表
またアクセンチュアは2013年にデータサイエンティストの育成において、慶応SFCとの連携も行っている。こうしたインターンシップに留まらない、産学の人材育成分野での連携が増えていくかもしれない。

SFCとの連携については、以下の過去の記事をご覧ください。

アクセンチュア、慶応大学SFC等とビックデータ分野での共同研究。「データビジネス創造・ラボ」創設を発表。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

PwCあらた、AIを活用した会計仕訳検証システムを開発

PwCあらた有限責任監査法人は4月16日、人工知能(AI)が会計データから異常仕訳を自動的に抽出する「AI会計仕訳検証システム」を開発し、4月から試験運用を開始した。同社では、2016年10月に設置したAI監査研究所を中心に監査品質の向上、業務の効率化に向けた調査研究に取り組んでおり、本システムの開発はその成果の一つ。

DTC、自然言語解析AIエンジン「COTOHA®」を活用した次世代RPAサービスの提供を開始

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は4月13日、NTTコミュニケーションズ株式会社の自然言語解析AIエンジン「Communication Engine “COTOHA®”」(以下COTOHA®)を活用したRobotics & Cognitive Automation(R&CA)サービスの提供を開始した。DTCは本サービスを効果的に利用するための提案、企画構想、業務コンサルティングや、PoC(概念実証)から本格導入、運用・保守までを提供する。

「独立/フリーで活躍する、優秀なコンサルタント」と「解決すべき課題を抱える企業」を結びつけるコンサルサーチ

コンサルサーチは若手・中堅のフリーコンサルタントと、事業会社・コンサル会社・金融機関が行う各種プロジェクト案件をマッチングします。

[広告]

Feature

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17


ページの先頭へ