大和総研、タナベ経営とコンサルティング業務における相互協力を開始 |

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 6.シンクタンク > 大和総研 > 大和総研、タナベ経営とコンサルティング業務における相互協力を開始

2018.03.31 大和総研、タナベ経営とコンサルティング業務における相互協力を開始

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

株式会社大和総研と株式会社タナベ経営は3月30日、コンサルティング業務における相互協力に関する契約を締結し、今後連携を強化していくことを発表した。

大和総研は、様々な経営課題に直面する顧客の戦略を定めるためのロジックや、その背景となる事業評価等のファクト、定めた戦略を実行するための組織設計や人事制度等の策定に向けたノウハウをシームレスに提供し、実践的な「グループ経営・組織運営」にフォーカスしたコンサルティングを展開。

一方、タナベ経営は、日本のコンサルティングファームのパイオニアであり、コンサルティング領域はドメイン(事業領域)別、ファンクション(組織・経営テーマ)別、セールスプロモーション、アライアンス、人材開発等、多岐にわたる。また、全国において、地域密着型チームコンサルティングによりこれらの専門性を総合的に発揮。

両社は、得意とするコンサルティングメニューや主要な顧客層、サービスを展開する地域が異なるため、この度の相互協力は、お互いの強みや積み重ねてきた知見を活かすことにより、高度化・専門化するコンサルティングニーズへの対応力を強化する好機であるといえる。

今後は、お互いが持つコンサルティングメニューを双方の顧客へ提供することにより、顧客基盤の拡大とコンサルティングサービスの機能強化を図っていく考えだ。

詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください
https://www.dir.co.jp/release/2018/2018033001.html

タナベ経営は、設立60年を超える日経コンサルティングファームで1993年に上場している。従業員数約330名と小規模ながらも中堅・中小企業のコンサルティングに定評がある。こうしたファームが大手シンクタンクと手を組むケースは、業界として珍しく、新たな動きのきっかけとなるかもしれない。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ