ベイン、A.T.カーニー、マッキンゼー、外資戦略3社が次期グローバルTOP発表 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 未分類 > 外資戦略コンサル、グローバルTOPが交代が相次ぐ

2018.04.30 外資戦略コンサル、グローバルTOPが交代が相次ぐ

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

ベイン・アンド・カンパニー、A.T.カーニー、マッキンゼーの外資系戦略ファーム3社は、次期グローバルのマネージングパートナーを発表。ベインは3月、A.T.カーニー、マッキンゼーはそれぞれ5月、7月から新体制をスタートする。



ベイン・アンド・カンパニー
ベイン・アンド・カンパニーは、マニー・マセダ氏を新しいワールドワイド・マネージング・ディレクター(グローバルの代表者)に選任し、2018年3月1日付で着任した。マセダ氏は、二期・三年任期を務めたボブ・ビーチェック氏の後任を務める。

マセダ氏は米国で生まれ、フィリピンで育ち、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院で経営学修士号を取得。1988年にベインに入社し、企業買収・合併、デジタルトランスフォーメーション、組織、業績改善、戦略、ベインの独自の変革管理プロセスであるResultsDelivery®などを含むフル・ポテンシャル・トランスフォーメーションを専門としていて、エネルギー、小売、工業製品、金融サービス、テクノロジー、プライベートエクイティなど、幅広い業界のクライアントでの実績を有している。

詳しくは、以下のリリースをご覧ください
http://www.bain.com/offices/tokyo/ja/press/bain-elects-manny-maceda-tokyo.aspx



A.T. カーニー
A.T. カーニーは3月21日、グローバルの次期マネージングパートナーおよび議長にアレックス・リュー(Alex Liu)氏を選出したことを発表した。任期は、2018年5月1日から3年間。リュー氏は、2013年1月より同職を務める現任のヨハン・オーリック氏の後に続き、同社にとって9番目のマネージングパートナーとなる。

リュー氏は、1996年にパートナーとしてA.T. カーニーに入社して以来、通信・メディア・テクノロジー産業の大手企業のCEO、リーダーシップチーム、取締役会のアドバイザーとして、50カ国以上で勤務。リュー氏はこれまで、A.T. カーニーのグローバルにおける通信・メディア&テクノロジープラクティスおよび取締役会のリーダーを務めてきたほか、2015年には「コンサルティング・マガジン」誌によるトップ25コンサルタントにも選ばれている。

詳しくは、以下のリリースをご覧ください
http://www.dreamnews.jp/press/0000170686/



McKinsey&Company
マッキンゼーは2月25日、新しいグローバルマネージングパートナーとしてKevin Sneader氏が選出されたことを発表した。ケビン氏は、同社の560人以上のシニアパートナーによって選出され、2018年7月1日から3年間の任期を迎える。マッキンゼーは1926年の設立以来、12番目のパートナーとなる。

ケビン氏(51歳)はマッキンゼー入社以来、北京、パリ、香港、米国で勤務。マッキンゼーのワシントンDC、ニュージャージー、フィラデルフィアでマネージングパートナーを務めた後、2014年に英国とアイルランドのマネージングパートナーを歴任。消費財、小売、医療、および公共セクターを含む幅広い業種で活躍し、現在は、香港を拠点とするマッキンゼーのアジア地域責任者を務めている。

同社は、現グローバルマネージングパートナーのDominic Barton氏の9年間の在任期間中、同社は革新と成長を加速し、2007年に1,100人のパートナーから現在2,000人以上に拡大し、65カ国の127都市にオフィスを構えている。

なお、グローバルマネージングパートナーの候補者は、マッキンゼーのシニアパートナーによって推薦され、パートナーの選出は、独立した第三者会社によって行われた。選挙は、(投票資格を持たない)会社の元シニアパートナーから構成された選挙管理委員会によって監督され、管理パートナーとしての資格を持たない会社や現在のシニアパートナーと連携して行われた。

詳しくは、以下のリリースをご覧ください
https://www.mckinsey.com/about-us/media-center/press-release-kevin-sneader

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ