マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達 |

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 1.戦略 > マッキンゼー > マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

2018.05.15 マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。
※MICIN=MEDICAL INFORMATION COMPANY FOR INNOVATIONの略

MICINはAIを活用したヘルスケアソリューション事業と、いつでもどこでもスマホで診察・処方が受けられるスマホ診療プラットフォームアプリ「curon(クロン)」の2つの事業を展開している。

今回の調達資金でMICINは様々な医療現場の実情により即したAIを開発していく。また幅広い事業会社、病院、研究機関等と連携し、医療の情報を適切に活用するためのソリューションを生み出していくということだ。

CEOの原聖吾氏は国立国際医療センター、日本医療政策機構、マッキンゼー等を経て2015年に株式会社情報医療を創業した。東京大学医学部卒、スタンフォードMBAを取得している。

またCOOの草間 亮一氏もマッキンゼー出身。主にヘルスケアの領域で、日本・米国・欧州にて、民間企業や政府組織向けプロジェクトに従事した。マッキンゼー東京支社・ニュージャージー支社を経て創業に参画。 IoT等デジタルツールを活用した患者エンゲージメントのプロジェクトを多数経験しているとのこと。

ph01
情報医療の3名の取締役(左:原聖吾CEO、中:巣籠悠輔CTO、右:草間亮一COO)
※下記プレスリリースより

詳しくはコーポレートサイトに掲載のプレスリリースをご覧ください。
株式会社情報医療コーポレートサイト:https://micin.jp

マッキンゼーからのヘルステックベンチャーが他に2社。共に多額の資金調達済み

ヘルスケア分野のスタートアップにおいて、マッキンゼー出身の起業家が他にも2名活躍しているので、この機会に紹介したい。

一社目は、同じくマッキンゼー出身で医師免許を持つ武藤 真祐氏が2009年に設立したインテグリティ・ヘルスケア。同社は、健康先進国・日本の新しい医療システムの創造をビジョンに、対面診療を補完するオンライン診療システムYaDocを運営している。

今年4月にインテグリティ・ヘルスケアは、住友商事など3社から総額7億5000万円の資金調達を完了している。

インテグリティ・ヘルスケアのコーポレートサイト:
https://www.integrity-healthcare.co.jp/

また、マッキンゼー出身で医師免許を持つ豊田 剛一郎氏が2015年に設立した株式会社メドレー。同社は、医療介護分野における正しい情報の提供や、人手不足の解決に向けたサービスの提供を通じて、患者さんやそのご家族、そして医療従事者にとって納得できる医療を目指す。具体的なサービスとしては、医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」やオンライン診療システム「CLINICS(クリニクス)」等を運営している。

メドレーは2015年に三井住友海上キャピタル、MRT、グリーおよび個人株主を引き受けとする総額3億円の第三者割当増資を実施している。

メドレーのコーポレートサイト:
http://www.medley.jp

医療という高い専門性の必要な分野においてイノベーションに挑戦しているタートアップ3社。いずれも医師免許を持つ起業家×マッキンゼー出身という共通点がある所が興味深い。今後の3社の動向には注目していきたい。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ