KPMG、eSportsアドバイザリーサービス開始。今後2年で売上5億円を目指す |

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > KPMG > KPMG、eSportsアドバイザリーサービス開始。今後2年で売上5億円を目指す

2018.06.04 KPMG、eSportsアドバイザリーサービス開始。今後2年で売上5億円を目指す

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

KPMGコンサルティングはeスポーツに参入する企業や大会を運営する団体に向けた「eSportsアドバイザリーサービス」の提供を開始したと発表した。2020年までに15名体制、売上高5億円を目指す。

KPMGコンサルティングではeスポーツに参入する「企業」や「大会運営を行う団体」に求められる「ガバナンスの構築」、「先端テクノロジーを活用したビジネスモデルの構築」、「グローバルな視点に立ったマネジメント体制の構築」などを支援。またeスポーツビジネスにかかわる将来のマネジメント人材の育成を目的とした学術機関との共同研究・調査を2018年秋より開始する。

先端テクノロジーを活用したビジネスモデルの構築支援も 
 

ph10
写真はイメージ

支援内容のうち「先端テクノロジーを活用したビジネスモデルの構築支援」では、AI(人工知能)やMR(複合現実)などの先端テクノロジーをビジネスに活用するスキルと経験を持つプロフェッショナルが、企業の現場で磨き上げられたフレームワークをeスポーツに活用し、斬新かつ実現性の高い新しいビジネスモデルの構築と、テクノロジーの進展を踏まえた新たな競技の立案を支援する。

そして、組織がグローバルな視点に立ったマネジメント体制を構築し、グローバルなビジネス環境に対応するための各種診断のフレームワークや方法論を活用し、効率的かつ早期にグローバルへの対応を支援するとのこと。

そもそもeスポーツとは?
eスポーツは、コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦型のスポーツ競技のこと。

近年、米国や韓国、中国を中心に全世界で爆発的な人気を誇り、日本でも急速に注目が高まっている。eスポーツの市場規模は2018年に世界全体で前年比38%増の約9億ドルが見込まれ、さらに2020年には14億ドル以上に拡大すると予想されている。

日本国内でも、2019年秋の「いきいき茨城ゆめ国体」に合わせて、「都道府県対抗eスポーツ大会」が文化プログラムとして開催されることが先月発表されるなど盛り上がりを見せつつある。国体の運営母体も運営に関わっており、興味深い。

詳しくはKPMGの以下のリリースをご覧ください。
https://home.kpmg.com/jp/ja/home/media/press-releases/2018/05/esports-advisory.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ