デロイトが「モニター デロイト」ブランドによる戦略コンサルサービスを日本で開始 |

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > デロイトトーマツ > デロイトが「モニター デロイト」ブランドによる戦略コンサルサービスを日本で開始

2018.06.21 デロイトが「モニター デロイト」ブランドによる戦略コンサルサービスを日本で開始

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、2018年6月20日から「モニター デロイト」ブランドによる戦略コンサルティングサービスを展開することを発表した。

モニター デロイトとは?

ph10

元々、「モニターグループ」は、競争戦略で有名なマイケル・ポーターに代表されるハーバードビジネススクールの教授陣によって1983年に設立された戦略コンサルティングファームだった。

グローバルでの動きになるが、2013年にデロイト・トウシュ・トーマツが、この「モニターグループ」を買収。買収後、人員及び業務をデロイト・トウシュ・トーマツへの事業移管し、Monitor Deloitteという新たなブランド名で戦略コンサルティングサービスを提供していた。

ただし、これはグローバルの話。日本ではモニターグループは、買収の際に撤退していた。

戦略の進化を加速させるためのサービスとして展開

今回、日本においても、改めてデロイトトーマツコンサルティングが戦略コンサルティングサービスを提供するブランドとして「モニター デロイト」を展開。日本市場において「戦略の進化」を大幅に加速させるためのコンサルティングサービスの提供をを開始する。

詳しくは以下のニュースリリースをご覧ください。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20180620.html

あわせて読みたいニュース

改めて会計系総合ファームであるいわゆるBIG4の戦略部門について目を向けると、戦略ファームの買収による戦略プラクティスやブランドの確立という類似の動きがみられる。

PwCは2014年に戦略ファームのブーズ&カンパニーを傘下に収め、Strategy&として戦略コンサルティングを開始。また、EYにおいては2014年にパルテノングループを傘下に収めていたが今年3月に「EYパルテノン」を日本に発足し、サービスを開始していた。

【ブーズ・アンド・カンパニー】→【Strategy&(ストラテジーアンド)】に。日本では「プライスウォーターハウスクーパース・ストラテジー株式会社」に社名変更。

2014年にEYが買収した戦略コンサルを軸とした「EYパルテノン」が日本でサービスを開始

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

DTCが「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」を本格展開

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は7月9日、広告宣伝や販売促進などマーケティング施策の投資対効果(ROI)を可視化し、短期の利益獲得、中長期のブランド育成を実現する「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」の提供を本格的に開始すると発表した。

アビーム、サイバーセキュリティを支援するソリューション「ABeam Security」提供開始

アビームコンサルティング株式会社は7月6日、企業におけるサイバーセキュリティ対策の支援をさらに強化するため、「ABeam Security」のソリューション提供を開始すると発表した。本ソリューションは、サイバーセキュリティに関連する戦略的なコンサルティングサービス、ソリューション提供、さらにはセキュリティインシデントへの対応や復旧支援など企業のセキュリティ強化・対策を統合的に支援するもの。

「独立/フリーで活躍する、優秀なコンサルタント」と「解決すべき課題を抱える企業」を結びつけるコンサルサーチ

コンサルサーチは若手・中堅のフリーコンサルタントと、事業会社・コンサル会社・金融機関が行う各種プロジェクト案件をマッチングします。

[広告]

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ