KPMGコンサル、慶應SFCで eSportsマネジメント人材育成を目指した講座を開設 |

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > KPMG > KPMGコンサル、慶應SFCで eSportsマネジメント人材育成を目指した講座を開設

2018.08.02 KPMGコンサル、慶應SFCで eSportsマネジメント人材育成を目指した講座を開設

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

KPMGコンサルティング株式会社は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)でeSportsマネジメント人材の育成および先進テクノロジーの解析手法のeSportsへの活用などに関する寄附講座「eSports論」を開講する。

近年、国内でも急速に注目度が高まりを見せるeSportsは、競技人口の増加とともに今後スポーツ産業として発展していくうえで、マネジメントにかかわる人材の不足が懸念されている。

新たな企業の参入のほか、プロチームの発足や大規模イベントの開催など、新しいスポーツ産業としてeSportsが今後発展するうえで、チームや大会運営者の透明性の確保や海外の団体との連携など、マネジメントを担う人材の育成は必要不可欠となることが想定される。

KPMGコンサルティングでは、6月にeSportsアドバイザリーサービス開始。今後2年で売上5億円を目指すと発表していたが(下部のリンクを参照)、esportsでのイニシアチブをとることを狙っているようだ。

寄付講座の「eSports論」では、KPMGコンサルティングが豊富な知見を有する「データアナリティクス」「AR(拡張現実)/VR(仮想現実)/MR(複合現実)」などの先端テクノロジーとeSports競技の融合をテーマに講義を実施。「スポーツ産業とeSports」「ゲームコンテンツ・エンターテインメント産業とeSports」「イベント・スポンサーシップとeSports」「マスメディア・コミュニケーション・ファン・プレイヤーとeSports」などの研究テーマを取り上げるほか、 米国やヨーロッパ、アジアにおけるeSportsの最新事情や事例調査、ケーススタディの作成を通して、日本ならではの新しいeSports競技の創出を目指すという。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
https://home.kpmg.com/jp/ja/home/media/press-releases/2018/07/esports-keio-university.html

KPMG、eSportsアドバイザリーサービス開始。今後2年で売上5億円を目指す

KPMG、eSportsアドバイザリーサービス開始。今後2年で売上5億円を目指す

またコンサルティング会社が大学に講座を持つ動きも過去にいくつか見られたので、いかにリンクを掲載しておく。

クニエのコンサルタントが北海道大学の授業を担当

アクセンチュアとお茶の水女子大学が女性ビジネスリーダーの教育と育成に向けて連携

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ