EY Japan、Asia-Pacificエリアとのメンバーファームと連携しグローバルサービスを強化 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > EY > EY Japan、Asia-Pacificエリアと統合。メンバーファームと連携しグローバルサービスを強化

2018.11.05 EY Japan、Asia-Pacificエリアと統合。メンバーファームと連携しグローバルサービスを強化

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

EY(アーンスト・アンド・ヤング)の「Japanエリア」は、2019年7月1日付けでEYのアジア太平洋地域におけるメンバーファームを統括するEYのAsia-Pacificエリアと統合される事が発表された。

これを受け、EY Japanは23カ国が参画するEY Asia-Pacific内、最大の事業拠点となる。

日本にとってアジア太平洋地域の国々は、近年最大の貿易相手国となっており、多くの日本企業が極めて重要性の高いマーケットであり、EYにおいてもアジア太平洋地域の成長は顕著であり、5年にわたり2桁台の成長率を維持し、続伸傾向にある地域となっている。。

EYはこの統合によって、人材リソースや専門能力の活用、テクノロジーへの投資を加速させ、国・地域を越えたシームレスで、これまで以上に充実したサービスを、全世界でビジネスを展開している日本企業に提供し、日本企業の変革を支援していく。なお統合後も、EY Japanについては、従来の経営体制、意思決定プロセス、ガバナンス体制、並びにアシュアランス(監査・保証)、アドバイザリー、トランザクション、タックス(税務)から成る従来のサービスラインに変更はないという。

詳しくは、以下のEY Japanのリリースをご覧ください。
https://www.eyjapan.jp/newsroom/2018/2018-11-01.html

なお、こういった、いわゆるBIG4のアジアパシフィックとの連携強化はEYが初めてではない。

今年7月、デロイト トーマツ グループはアジアパシフィック地域のデロイトの他のメンバーファームと共に、新たにDeloitte Asia Pacific(デロイト アジア パシフィック 以下、デロイトAP)を設立すると発表していた。EY同様にアジアパシフィックを強化していく動きである。

10年以上前からグローバル化は叫ばれているが、それに対してBig4が仕掛けていく動きや、やそれを支える各国メンバーファームの連携等については、興味深く見守っていきたいところだ。

デロイト トーマツ、アジアパシフィック地域での展開を加速。3年間で3億円の戦略投資

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ