アクセンチュア会長兼CEOのピエール・ナンテルム氏が健康上の理由により退任 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > その他 > ファームの人事/組織/採用の動向 > アクセンチュア会長兼CEOのピエール・ナンテルム氏が健康上の理由により退任

2019.01.17 アクセンチュア会長兼CEOのピエール・ナンテルム氏が健康上の理由により退任

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

【ニューヨーク発】米アクセンチュアは1月11日付で、会長兼CEOのピエール・ナンテルム氏(Pierre Nanterme)が2016年に公表した健康上の理由により会長および最高経営責任者(CEO)を退任したことを発表した。

取締役会は最高財務責任者(CFO)であるデヴィッド・ローランド氏(David Rowland)を暫定CEOに、筆頭社外取締役であるマージ・マグナー氏(Marge Magner)を非常勤会長に任命している。

暫定CEOに選ばれたデヴィッド・ローランド氏は、2013年7月からアクセンチュアのCFOを務めて来た人物。 CFO就任前は、6年以上アクセンチュアの財務領域のシニア・バイスプレジデントを務めたほか、アクセンチュアのオペレーション委員会の委員長も務めているなど、35年におよぶアクセンチュアでのキャリアを有している。また、アクセンチュアの成長戦略を策定する重要な役割を担ってきたとのことで長きにわたってアクセンチュアのグローバル経営委員会(Global Management Committee)のメンバーであり、またマイクロソフトとの合弁会社であるアバナードの監査委員会議長も務めている。

退任することとなったピエール・ナンテルム氏は2011年1月にCEOに就任し、2013年2月には会長職も兼任。ナンテルム氏の在任期間中、アクセンチュアは市場の伸びを大きく上回る増収。売上高は2011年度の255億米ドルから2018年度には396億米ドルと55%増加した。ナンテルムのCEO在任中、アクセンチュアの市場価値は約700億米ドルから同1,080億米ドル(2018年8月期末時点)へと成長している。

ピエール・ナンテルム氏はアクセンチュアを変革し、デジタル、クラウド、サイバーセキュリティ関連サービスというThe NEWの高成長領域に事業を転換する上で大きく貢献。現在、それらの新事業はアクセンチュアの売上高全体の60%以上を占めるようになったとのことだ。また、男女平等(ジェンダーイクオリティ)をはじめとしたアクセンチュアのインクルージョン&ダイバーシティの取り組みも積極的に支援し、2025年までに男女の社員数を均等にする大胆な目標を掲げるなどにも取り組んでいる。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
https://www.accenture.com/jp-ja/company-news-releases-20190116

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ