デロイトトーマツ、6月にイノベーション創発施設「Greenhouse」開設 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > デロイトトーマツ > デロイトトーマツ、6月にイノベーション創発施設「Greenhouse」開設

2019.01.22 デロイトトーマツ、6月にイノベーション創発施設「Greenhouse」開設

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

1月21日、デロイト トーマツ グループは、日本企業のCxOなどの役員向けのイノベーション創発施設「Greenhouse」を今年6月に300坪の規模で開設すると発表した。

日常とは異なる空間での双方向セッションを通じて、CxOの複合的な課題を紐解き、アクションプランの設定から解決策の提案、プロトタイピングまで一気通貫に行えるようにする。

「Greenhouse」では、専門のファシリテーターによるワークショップを個別CxOへ集中的に提供することで、従来の方法では打開が困難な複合的な経営課題に対して、新しい視点と明確な解決策の選定へと導く。

ワークショップは日本企業のCxOが直面している「1.イノベーション、2.リレーションシップ、3.トランスフォーメーション(変革)、4.アナリティクス、5.トランジション(移行・変化) 」の5つのテーマに分かれ計20種類あり、個社ニーズにあわせてカスタマイズして提供することが決まっている。例えば、トランジションのテーマのワークショップは就任が決まり従来のキャリアとは一線を画すステージに立つ新任CxO向け、イノベーションはデジタル化やグローバル化により競争原理が変わる中で非連続な成長に挑むCxOなどが対象となる。

もともと、「Greenhouse」はCxOがブレイクスルー(突破口)を見出すことを目的に、デロイトの海外オフィスでも実証された仕掛けが施された施設。入口に設けられたトンネルで意識変革へのスイッチを入れ、最先端のデータ分析や情報可視化設備により直感的な理解を促進します。加えて、日本では「茶室」をコンセプトに取り入れ、落ち着いた空間で無限のひらめきを誘発し、議論を引き出すことを目指すという。

詳しくは以下のリリースをご覧ください。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20190121.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ