トーマツ、米国証券取引委員会と罰金200万ドルで合意 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > デロイトトーマツ > 監査法人トーマツ、米国証券取引委員会と罰金200万ドルで合意

2019.02.17 監査法人トーマツ、米国証券取引委員会と罰金200万ドルで合意

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

【ワシントンDC】2月13日、アメリカの証券取引委員会(SEC)は、監査法人トーマツが会計監査の独立性ルールに違反したことによる罰金として200万ドルを支払う事に合意したと発表した。

SECの規則では銀行クライアントの監査について、会計監査の独立性を保つために、監査法人幹部や監査チームのスタッフが、監査担当企業の銀行口座に一定水準を超す金額を預けないように求めているが、監査法人トーマツのスタッフ88人が監査先にあたる銀行の銀行口座を保有し、監査報告書を発行していたことが問題視されていた。また、SECは当時トーマツのCEOであった天野太道氏が14年にトーマツ内で規則違反を発見していたにもかかわらず、監査先の金融機関に伝達したのが15年に入ってからで、十分な対応をとっていなかったことも問題視していた。

当時、トーマツではこの事態を受け、2015年7月に当時CEOの天野太道氏が一身上の都合により辞任することを発表していた。今回のSECとの合意によると、天野太道氏は2年後に復職を申請することができるとされている。

有限責任監査法人トーマツCEO、内規違反で辞任

詳しくは以下の米証券取引委員会(SEC)のリリース(英語)をご覧ください。
https://www.sec.gov/news/press-release/2019-9

なお2月15日いは、この件に対して、監査法人トーマツ会社「本事案の発生から、当監査法人は、独立性の周知・検証に関する管理態勢の更なる整備とその運用強化を進めて参りました。従って、本件は当監査法人の現在の品質管理態勢への影響は有りません。当監査法人は、今後とも監査品質の向上に最善を尽くす所存です。」とのコメントを発表している。
(引用元:https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20190215.html

なお、このSECのリリースでは銀行名が明らかにされていないが、日経ではこの銀行が三菱UFJ銀行であることが特定されている。
日経の記事:
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41246640U9A210C1EE9000/

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ