アクセンチュア、JALの空港旅客サービスシステムを開発。AIで待ち時間短縮へ | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 4. 総合系 > アクセンチュア > アクセンチュア、JALの空港旅客サービスシステムを開発。AIで待ち時間短縮へ

2019.03.14 アクセンチュア、JALの空港旅客サービスシステムを開発。AIで待ち時間短縮へ

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

3月12日、日本航空株式会社(以下「JAL」)は、アクセンチュア株式会社(以下「アクセンチュア」)と協力して人工知能(AI)を活用した空港旅客サービス案内の支援システムを開発。同日、成田空港および羽田空港の国際線チェックインカウンターで試験導入を開始すると発表した。

本サービスシステムは、AIを活用してチェックインカウンターでの旅客案内を補佐するもので、顧客からの問い合わせに対して空港スタッフが発言した内容をAIが解釈し、必要な情報をスタッフが持つタブレット端末に自動的に表示させる。
 
例えば、手荷物の問い合わせや座席アップグレードの要望など、従来はチェックイン端末と異なる資料を参照する必要があった問い合わせにワンストップで回答でき、今回試験導入したシステムによって、旅客の待ち時間が大幅に削減されるとともに、スタッフと旅客のコミュニケーションが活性化することによる満足度向上も期待されている。


本サービスシステムを利用したチェックインカウンター業務の様子(以下リリースより引用)

リリースによると、アクセンチュアは開発にあたり「アクセンチュア アプライド・インテリジェンス(AIやデータサイエンスの専門組織)」の技術力や、「アクセンチュア・コンサルティング」の知見を活用。また、サービスシステムの開発に同社の「AI HUBプラットフォーム」を採用したことにより、わずか二週間でAIエンジンを活用した基盤を開発したと述べられている。

本サービスシステムは2018年10月に行われた検証を踏まえ、実際のチェックイン作業で試験導入される運びとなった。試験導入は2019年3月末まで継続され、その後成田空港・羽田空港での本格導入が検討される。

詳しくは以下のリリースをご覧ください
https://www.accenture.com/jp-ja/company-news-releases-20190312

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ