デロイト、「TMTトレンド予測」日本版を発表。IoTは世界から5年の遅れ | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > デロイト、「TMTトレンド予測」日本版を発表。IoTは世界から5年の遅れ

2019.04.24 デロイト、「TMTトレンド予測」日本版を発表。IoTは世界から5年の遅れ

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

4月22日、デロイト トーマツ グループは「TMT Predictions 2019 日本版」を発行した。これは、デロイト グローバルがテクノロジー・メディア・通信(TMT)業界におけるグローバルトレンドを予測した「TMT Predictions」に、日本オリジナルの考察・分析を加えたレポートだ。本レポートでは、グローバルトレンドに挙がっている10の業界予測に対して、日本企業として変化にどう対処し、どう対応すべきかを解説している。
10の業界予測は以下の通りだ。

【日本版 10の業界予測】
1. 5G:日本の5G浸透は共同事業による仕掛けづくりがポイント
2. AI:AIの利用が一般企業にも拡大する「AIの民主化」が進む
3. スマートスピーカー:認知に対する普及率の低さが課題
4. TVスポーツ/スポーツベッティング:スポーツ賭博の導入によるスポーツ振興とアスリート支援を見込む
5. eスポーツ:eスポーツ市場の持続的成長が論点となる
6. ラジオ:グローバルを参考にしたリスナー拡大とビジネスモデルに展望あり
7. 3Dプリンティング:国際競争力を保つため、量産現場での活用に課題
8. 中国の通信環境:5G投資やBATを中心とした中国データビジネスの強化をどう活かすか
9. 中国の半導体市場:日本の市場シェア縮小に立ち向かう戦い方とは何か
10. 量子コンピュータ: 莫大なインパクトをもたらすが、商用化と普及拡大に時間を要する

加えて、日本企業が取り組むべき4つのテーマ「APIエコノミー」「IoTの活用」「IoTのリスク対応」「ロボティクス」を日本独自のコンテンツとして取り上げている。

【日本独自の4つのコンテンツ】
■APIエコノミー:利用が遅れているAPIエコノミー活性化が必要
■IoT活用:マネジメントのビジョン不足でグローバルに5年の遅れ
■IoTが企業にもたらすリスク:セキュリティ脅威と機器設計段階からの対策が急務
■ロボティクス:AIなどの技術進歩で生産工程が完全自動化へ

詳しくは以下のリリースをご覧ください
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20190422.html

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ