マッキンゼー、日本企業がDXを成功させるために必要なこと | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > 最近のコンサルテーマ > DX > マッキンゼー、日本企業がDXを成功させるために必要なこと

2020.10.02 マッキンゼー、日本企業がDXを成功させるために必要なこと

昨今、新型コロナウイルス感染症の影響により、デジタル変革が求められる中、マッキンゼー・アンド・カンパニー(以下、マッキンゼー)は、デジタルにおける世界と比べた日本の特徴や、今後日本がDXを推進していくためにどうあるべきか、などをまとめたレポート「【マッキンゼー緊急提言】デジタル革命の本質:日本のリーダーへのメッセージ」をリリースした。

▪日本の立ち位置

新型コロナウイルス以降の日本のデジタル・非接触型サービスの利用状況は、アメリカや中国のみならず、ヨーロッパ各国や韓国、インドと比べても低い。デジタルサービスの拡大・展開が十分にできていないことが分かる。しかし、日本企業がデジタル変革を進める上で、抱える大きなハンディキャップが3つある。

①社内のデジタル人材不足

②社長の年齢と在任期間

③外部の人材が活躍しにくい組織文化

▪日本企業はどう変わるべきか

マッキンゼーがこれまでDXによる、大規模な企業先覚を成功させた事例を参考にすると、日本企業が目指すべき状態は、トップ経営層がデジタルを使ったビジネス変革の必要性を認識し、実行にコミットしており、デジタルへの投資(人間・人材・テクノロジーなどの投資)に対して、全社の投資の50%以上を割り当てている状態である。

▪日本企業が壁を乗り越え、DXを成功させるための鍵

日本企業がDXを成功させるために乗り越えるべき課題として、先述した3つのハンディキャップがある。これらのハンディキャップを乗り越え、DXを成功に導くために重要となる鍵が4つある。

①経営トップを巻き込んだDXの着火

②事業ドリブンでのインパクトを意識した取り組みの設計

③持続的な進化に向け、デジタルの組織能力を社内に構築

④DX1年目を絶対に成功させ、モメンタムを醸成する

詳しくはこちらのレポートをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ