デロイトが調査。APAC地域における非接触経済の市場規模は2025年までに3兆米ドルまで成長の見通し | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > デロイトが調査。APAC地域における非接触経済の市場規模は2025年までに3兆米ドルまで成長の見通し

2020.12.04 デロイトが調査。APAC地域における非接触経済の市場規模は2025年までに3兆米ドルまで成長の見通し

11月25日、デロイト トーマツ グループ(以下、デロイト トーマツ)の戦略コンサルティング部門であるモニターデロイトは、レポート「非接触経済の台頭~コンタクトレス・エコノミーがもたらすCOVID-19危機後の世界」を公開した。

新型コロナウイルス感染症は、全世界に経済危機を引き起こしたと同時に、新たに「非接触経済(コンタクトレス・エコノミー)」という市場を生み出した。非接触経済では、消費財・レジャー・レクリエーション・教育を中心に市場が広がるとともに、金融サービスや健康などの分野においても成長が期待される。今回、モニターデロイトによるレポートの概要は以下のようであった。

▪非接触経済は、少なくとも2025年までに3兆ドルを超える市場へ:

デロイトは、非接触経済の市場規模はAPAC内で少なくとも2025年までにこれまでの2倍超となる、3兆ドルに達すると予測している。また、潜在的な影響も含めると家計消費支出全体のうち6割となる11兆ドルが非接触経済のディスラプションに直面するとしている。

▪日本の非接触経済の伸びは、アジア他国に比べて大きく見劣り:

日本は、2024年にEC市場がCAGR8%で成長していくことが予想されるが、この水準はAPACの6ヶ国内では最低水準であり、日本は非接触経済の拡大による成長機会を十分に取り込むことができない懸念がある。

▪複雑な選択肢をとらえた、事業戦略の体系的な見直しが必要に:

非接触経済により、新たな市場が主流になる中でデロイトは、企業は以下の5つのアクションを取る必要があると示した。

・非接触経済下の消費者行動の変化を深く分析し、客観的な評価を実施

・ターゲットとすべき領域の絞り込み

・ターゲット市場に対する新たなバリュープロポジションの開発

・バリュープロポジションの実現のために必要なケイパビリティの特定

・不確実性に備えた柔軟性のあるパートナーエコシステムを活用した、ケイパビリティ開発モデルの策定

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

原文レポートはこちら

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ