デロイト、調査レポートを発表。「DX時代・COVID-19時代のプライバシー」 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > デロイト、調査レポートを発表。「DX時代・COVID-19時代のプライバシー」

2020.12.24 デロイト、調査レポートを発表。「DX時代・COVID-19時代のプライバシー」

12月14日、デロイトトーマツグループ(以下、デロイトトーマツ)は、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーが全世界23カ国・地域で18歳から75歳の計37,450人を対象とした調査「Digital Consumer Trends 2020」をもとに分析したレポート「DX時代・COVID-19時代のプライバシー」を発表した。

レポートの概要は以下の通りであった。

・個人情報に対する考え:

「オンラインサービスを利用する際に自信のデータについて企業の利用の制限を希望したいが、その方法が分からない」に対して「強く同意する」(15%)、「やや同意する」(38%)という回答が半数以上であった。

・利用規約を読まずに同意する頻度:

スマートフォンでモバイルアプリのインストールやダウンロード、Wi-Fiホットスポットへの登録、ソフトウェアアップデートのインストール、小売店またはオンラインサービスへの会員登録の際、利用登録を「いつも」「ほとんどいつも」「時々」読むことなく同意する人は、全体の60~70%に上った。

・政府による接触者に追跡、行動制限、熱感知カメラの利用についての賛否:

新型コロナウイルス感染症の影響により、政府がテクノロジーを活用して接触者の追跡、行動の制限、体温を測定することは各施策について、3割以上が「強く賛成する」「やや賛成する」と回答し、2割前後が「強く反対する」「やや反対する」と回答しており、比較的政府の施策に肯定的であることが伺えた。

・各国政府による健康データのモニターに関する人々の賛否:

政府による個人の健康データなどのモニタリングについて、各国によって反応が異なる。「社会およびビジネスに課せられたソーシャルディスタンス(社会的距離)等の制限が早期に解除されるのであれば、たとえ本人の許可がなくても、政府は個人の健康データ(病気の有無、居場所、接触者など)をモニターできるべきである」に対し、中国では63%が「絶対賛成」「やや賛成」と回答するものの、日本や欧州、オーストラリアでは賛成と反対が拮抗している結果が得られた。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ