EY調査、ネットゼロ達成の課題は「財源の確保」 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 3.業界別 > 環境 > EY調査、ネットゼロ達成の課題は「財源の確保」

2021.06.10 EY調査、ネットゼロ達成の課題は「財源の確保」

6月2日、EYは、温室効果ガス排出のネットゼロ目標達成のための調査の結果を発表した。2020年世界の再生可能エネルギー設備への年間投資額は、コロナ禍の影響があるにも関わらず、過去2番目の高水準である30兆350億米ドルとなった。しかし、温室効果ガス排出ゼロ、すなわちネットゼロを達成するためには、さらに約5兆2千億米ドルの投資が必要であり、財源の確保が最大の障壁となることが明らかとなった。

2021年11月に開催予定の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)は、各国の政府が公約している目標と、現状のアクションレベルのギャップをなくすための機会となる。この会議が近づく中、現在の経済的環境にもかかわらず大部分の国が再生可能エネルギー目標の引き上げを計画していることがわかった。これは、各国の代表者が、再生可能エネルギー投資に拍車をかけるために必要な政策の明確なロードマップと詳細を説明することが求められているためである。

また、米国はパリ協定への復帰とCO2排出量削減目標の引き上げにより、再生可能エネルギー国別指数でトップの座を維持している。その他にも、インドは太陽光発電セクターに大きな成長が期待されている。東アジアでは、すぐに着手可能な800件以上のスキームと、潜在的に3,160億米ドルの投資が可能な、クリーンエネルギープロジェクトの堅固なパイプラインを有すること明らかにしており、再生可能エネルギー分野の将来有望な投資先として浮上した。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ