日本IBM、キヤノンと芸術・芸能においてボリュメトリックビデオ技術を活用した新たな価値を創出 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > その他 > 提携・出資・合併・再編・設立等 > 日本IBM、キヤノンと芸術・芸能においてボリュメトリックビデオ技術を活用した新たな価値を創出

2021.07.12 日本IBM、キヤノンと芸術・芸能においてボリュメトリックビデオ技術を活用した新たな価値を創出

7月2日、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、キヤノン株式会社(以下、キヤノン)と芸術・芸能分野において、ボリュメトリックビデオ技術を活用した新たな価値を創造するため、協業を開始した。

ボリュメトリックビデオ技術は、空間全体を3Dデータ化する技術で、コンピューターの中に作成されたバーチャル空間内のあらゆるアングルから映像を生成することが可能である。キヤノンは、2019年のラグビーワールドカップなどのスポーツ分野での活用を行い、2020年7月には、キヤノンの川崎事業所内に「ボリュメトリックビデオスタジオ-川崎」を開設し、エンタメ分野への活用も拡大させた。

今回の協業における両社の役割はそれぞれ以下の通りである。

・日本IBM:
芸術領域におけるノウハウを活かし、芸術・芸能関連事業者に向けた戦略策定および実行支援などのコンサルティングサービスを提供し、芸術・芸能分野のDXを推進する。

・キヤノン:
撮影とほぼ同時に高精細な映像を生成するボリュメトリックビデオ技術によって、新たな映像制作手法や視聴体験の提供、映像による貴重な芸術分野の伝承に寄与する。

本協業の第一弾として、公益社団法人 宝生会監修の能楽「葵上」のボリュメトリック映像を公開した。この映像の制作において、キヤノンは実在する能楽堂をスキャンした3DCGや、ダイナミックな背景CGアニメーションの制作を行った。それに加え、能楽師のパフォーマンスを「ボリュメトリックビデオスタジオ-川崎」でキャプチャすることで、全体を統合する映像生成までをワンストップで実行した。日本IBMは、並列計算専用サーバー「IBM Power System AC922」と広帯域ストレージ「IBM Elastic Storage System」を組み合わせた高速インフラの構築や技術支援によって、リアルタイムの映像描写に必要な応答性能を可能にした。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ