NTTデータ、Twitterデータの活用促進を目指し、米DataRobot社と連携 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 2.テーマ別 > 最近のコンサルテーマ > AI・ビッグデータ・人工知能 > NTTデータ、Twitterデータの活用促進を目指し、米DataRobot社と連携

2021.07.19 NTTデータ、Twitterデータの活用促進を目指し、米DataRobot社と連携

7月9日、株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、米国DataRobot, Inc.(以下、DataRobot社)とデータパートナー契約を結ぶことにより、Twitter集計データサンプルの提供を開始した。DataRobot社は、エンタープライズ向けAIのリーディングカンパニーであり、AIイノベーションを競うグローバル企業に信頼性の高いAI技術と投資利益率を実現するサービスを提供している。

データパートナーとは、DataRobotのユーザーに対し、より価値の高いAIモデルの構築を可能にし、ビジネス課題に即した必要なデータを提供することを目的としたパートナーシップである。

メーカーや小売・流通事業者を中心に、トレンド商品の見極めや在庫管理を行うために出荷・販売などのデータを基にした需要予測が行われている。ソーシャルメディアの情報は、消費者心理が強く表れるため、必要不可欠である。しかし、データのクレンジング処理や自然言語処理など、データ加工の前処理を行うためのコストおよび、社内外両方の大量なデータを使ったAIモデルの構築が課題とされる。本契約によりNTTデータは、DataRobotで使えるようあらかじめ加工したTwitter集計データサンプルを提供する。これにより、国内200社以上のDataRobot利用企業は、DataRobotのデータ共有・自動特長生成昨日を通してDataRobot上でデータサンプルを手軽に取得可能となる。

今回の契約により、ユーザーにとって主に3つのメリットがある。

・時間的メリット:
DataRobotのプラットフォームからデータにアクセスすることで、煩雑な契約手続きが不要でデータの受け渡しにかかる時間を削減できる。

・金銭的メリット:
Twitter上の特定キーワードの課題量推移データなどのサンプルデータを無償で利用、検証することでデータのビジネス的価値を定量的に評価し、購入判断ができる。

・技術的メリット:
DataRobotが直接解釈できる集計データ(構造化データ)形式で提供されるため、DataRobotによる自動特徴生成機能を通して、容易に自社データとTwitter集計データサンプルを組み合わせたAIモデルを構築できる。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ