PwC、企業のAIシステムの活用を支援する「Responsible AI導入サービス」を提供開始 | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 1.ファーム別 > 3.会計系 > PwC > PwC、企業のAIシステムの活用を支援する「Responsible AI導入サービス」を提供開始

2021.07.27 PwC、企業のAIシステムの活用を支援する「Responsible AI導入サービス」を提供開始

7月14日、PwCコンサルティング合同会社(以下、PwCコンサルティング)は、AI開発および利活用を進める企業におけるAIリスクのコントロールと投資対効果の最大化を支援する「Responsible AI導入サービス」を提供開始した。

本サービスは、AI開発や利活用に伴う企業のAIリスクに対応したガバナンス態勢の構築を包括的に支援するサービスであり、以下の6つのサービス領域から成る。

▪Responsible AI診断:AIガバナンスやAI倫理への対応状況評価
▪Responsible AI構築:Responsible AI診断後のリスク対応方針の検討
▪Responsible AI態勢構築:AIガバナンスの実行プロセスの構築
▪対策ツール導入:説明可能性やバイアス、公平性などの強化が必要な個別リスクに対応するためのAI運用支援や技術支援
▪MLOps導入:機械学習の開発・運用チーム、プロセスを構築
▪Responsible AI教育:責任あるAIの利活用実現に向けた教育

PwCコンサルティングは、AIの開発や利活用におけるリスクとして、主に次の6つのリスクを挙げている。

・安全性リスク:サイバー攻撃やプライバシー侵害リスク
・制御リスク:人的ミスや不正なAIを検知/制御できないリスク
・社会的リスク:レピュテーションリスクや自動兵器拡散リスク
・経済リスク:職業の配置転換や不利益、組織マネジメントに関するリスク
・倫理リスク:道徳的価値の欠如や人の目標を機会に学習させるリスク
・性能リスク:エラー、異常、ブラックボックスなどのリスク

Responsible AI診断において、上記の6つのリスクを軸にクライアントの組織上の課題からユースケース別課題まで幅広くAIリスクを特定することで、企業のAI利活用やAIガバナンスへの取り組み状況に応じた施策検討を行う。さらに、リスクへの対応にとどまらず、技術的な側面や法規制の動向、AIガバナンスの先行事例を踏まえたサービスを提供する。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ