【調査レポート】新型コロナによる人事部門への影響・未来への展望―KPMG | コンサル業界ニュース

コンサル業界ニュース

ホーム > 5.その他のニュース > .調査研究/コラム/オピニオン > 【調査レポート】新型コロナによる人事部門への影響・未来への展望―KPMG

2021.09.01 【調査レポート】新型コロナによる人事部門への影響・未来への展望―KPMG

8月24日、KPMGコンサルティング株式会社(以下、KPMGコンサルティング)は、ニューリアリティ(コロナ禍でのビジネス環境)における人事部門の現状と未来への展望を明らかにすることを目的とした調査レポート「Future of HR in the New Reality ~人事部門の未来 With/Afterコロナにおける人事部門の存在意義とは」を発行した。本調査は、日本73社、グローバル1,288社のHRリーダーを対象に行われた。

本調査によると、今後1~2年におけるニューリアリティを見据えた際に「リモートワークを継続する」と回答した割合は、日本97.3%、グローバル96.4%といずれも高い割合を占めていることが分かった。また、日本の人事部門に関して、新型コロナウイルスによる環境変化に対応する必要性が強く認識されているものの、対応段階として33%が最初の対応ステップである「リアクションの段階:喫緊の課題への対応としてリスク管理のみを行っている」と回答した。このステップの割合はグローバルにおいて14%であり、日本企業は対応に苦戦していることが分かる。特に、グローバルと日本を比較すると「ニューリアリティの段階:新しい生活様式やビジネス環境変化に適応している」と回答した割合が、グローバル26%、日本14%と最も大きく差がでた。

KPMGコンサルティングは本レポートにおいて、いまだに管理部門とみなされている日本の人事部門が価値提供部門となるために、以下の4点がポイントとなるとしている。

▪「ワークオフィスシェイピング」:将来の組織と要員に関する予測・戦略立案を担う
▪「チェンジングカルチャー」:事業戦略や外部環境に沿った組織風土のデザインと改革をリードする
▪「EX-エンプロイーエクスペリエンス」:従業員個々人の経験から働きがいをデザインする
▪「データ活用」:上記3点にデータドリブンな施策を可能とする

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください。

レポート全文はこちら

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Related article

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ