fbpx

コンサル業界ニュース

デロイトトーマツ

NEW デロイトトーマツグループ

デロイト、IT・デジタル領域の高度な調査能力を取り入れるため、ミックを子会社化

11月18日、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、DTFA)は、株式会社ミック経済研究所(以下、ミック)を子会社化したと発表した。2020年11月26日開催の臨時株主総会での決議をもって、ミックは「デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社」へと社名を変更する。

2020.11.27

NEW デロイトトーマツグループ

デロイト、NTT-ATと連携。AI-OCRやRPAツールなどを用いて企業の契約・請求関連業務のDX推進を支援

11月18日、デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ リスクサービス株式会社(以下、DTRS)は、NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下、NTT-AT)との連携を発表した。本連携では、社内業務のデジタル化におけるコンプライアンスやガバナンスの観点を含む業務革新のアドバイザリーサービスから具体的なソリューション提案までを戦略的に実現するための協業を行う。

2020.11.26

NEW デロイトトーマツグループ

デロイト、シー・アイ・エーの全株式取得に関する契約を締結

11月11日、デロイトトーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下DTFA)は、株式会社シー・アイ・エー(以下CIA)の全ての株式を取得する契約を、CIAの株式を保有する株式会社リヴァンプとCIA経営陣の間で締結した。

2020.11.24

デロイトトーマツグループ

デロイト 、TMACの全株式を取得

11月2日、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、DTFA)は、M&Aのアドバイザリーやコンサルティング業務を手がける株式会社TMAC(以下、TMAC)の全株式取得を発表した。

2020.11.10

デロイトトーマツグループ

デロイト、少額トラブルをオンラインで解決する「Smart Judgement」を提供開始

10月29日、デロイトトーマツグループのデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、裁判に満たない紛争をオンラインで解決するオンライン裁判外紛争手続き(以下ODR)を実施するクラウドサービスとして、「Smart Judgement」の提供を開始すると発表した。

2020.11.06

デロイトトーマツグループ

デロイト、「Jリーグマネジメントカップ2019」を発表。J1首位は浦和レッズ

9月30日、デロイト トーマツグループ(以下、デロイト)のスポーツビジネスグループは、Jリーグに所属するJ1・J2・J3全クラブを対象に、経営面から分析し、ランキング化した「Jリーグマネジメントカップ2019」を発表した。今回の発表において、J1は浦和レッドダイヤモンズ、J2はV・ファーレン長崎、J3ギラヴァンツ北九州がトップであった。

2020.10.07

デロイトトーマツグループ

デロイト調査、コロナ禍での公務員のリモートワーク実施率は15.9%にとどまる

9月28日、デロイトトーマツグループ(以下、デロイトトーマツ)は、「行政組織における在宅勤務実施状況・業務効率化に関する調査2020」の結果を発表した。本調査は今年7月に、コロナ禍でのリモートワークの現状や課題、職場環境改善への意識を明らかにし、今後の行政組織の在り方を展望することをねらいとして、1000人の国・都道府県・市区町村の行政職職員を対象に行われた。

2020.10.05

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ