コンサル業界ニュース

2018.03.25 EYS-STYLE吉岡秀和氏(A.T.カーニー出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください

吉岡秀和氏のプロフィール

コンサル退社後、新領域にて起業


EYS-STYLE社吉岡秀和氏

EYS-STYLEの代表取締役の吉岡秀和氏は、京都大学経済学部の出身。介護ベンチャー立ち上げた後、戦略系コンサルティングファームのA.T.カーニーに入社。同社では、通信・消費財・金融業界などに対する戦略立案やチェンジマネジメントなどに携わる。

その後、人材開発・組織開発及びコンサルティング等を行うインヴィニオ社にて、自律的組織の構築をテーマに人材開発プログラムの提供に貢献。2007年には、キャリア教育や人材派遣等を行うコンコードエグゼクティブグループの創業に参画、代表取締役に就任。2008年に株式会社EYS-STYLEを設立し、代表取締役に就いた。

 

出典:同社WEBサイト http://www.eys-style.com/about#ceo

EYS-STYLE社のサービス

リアル×ITで実現する新しい音楽の在り方

吉岡秀和氏が代表取締役を務めるEYS-STYLE社は、音楽・エンターテインメント分野にて様々なサービスを展開。主軸のひとつである音楽学習事業では、大人の音楽教室「EYS MUSIC SCHOOL」を始め、女性向けの「音ガール」や子供向けの「EYSキッズ」等、リアルな教室での学習機会を提供している。同時にWEB上で世界中どこからでも参加できるオンラインプラットフォーム「音活」を構築。リアルとITを融合した新しい音楽学習の場を提供している。このリアル×ITの融合が同社のサービス展開における重要なコンセプトという。

音楽学習事業の他にも楽器の流通事業を展開しており、世界市場をターゲットとした越境ECで、世界中の楽器を買える楽器販売サイト「Otolier」を構築し、25か国で30,000種にも及ぶ楽器を取り扱っている。同事業展開の背景として、前述の音楽教室で楽器プレゼントサービスを行っていることがある。そのプレゼント用の楽器を調達するために世界中の楽器見本市を回り、現地のリペアマンと共に楽器を開発。この活動の延長として、見本市での工房との出会いや楽器卸との取引、リペアマンの組織化、ミュージシャンからのバックアップなど楽器流通事業の基盤構築に至った。これもリアルでのイノベーションがITへと繋がった、リアル×IT融合の一例である。

また、三つ目の主軸事業としてエンターテインメント事業を展開。コノユビトマレというオンラインプログラムを運営し、Web上で様々なプレーヤーが地理的・時間的な制限を気にせずにセッションができる。例えば初心者であっても世界中のミュージシャンと演奏し、SNS上で音楽を発信することを可能にしている。同サービスも楽器流通事業と同様に、楽器初心者4名とプロミュージシャン2名によるバンド活動というリアルな場での活動がきっかけとなっている。

 

「EYS MUSIC SCHOOL」WEBサイト

資金調達・事業拡大に向けての動き

海外進出など今後の事業拡大に向け増資

同社は2015年8月5日に、今後の株式上場を見据えた事業拡大と財務体質強化を目的とし、SBIインベストメントを引受先とした第三者割当増資を実施。

近年の活動では、音楽学習事業における中国・韓国・台湾・アメリカでの音活・楽器プレゼントの展開や、台湾・韓国・中国・EU・インドネシア・アメリカでのOtolierサイト(楽器流通EC)の開設など、海外展開への意向を示している。

同社プレスリリース2015年8月5日

(2018年3月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ