コンサル業界ニュース

2016.04.25 アイスタイル吉松徹郎氏(アクセンチュア出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

アクセンチュアでのコンサル経験を活かし起業へ


アイスタイル吉松徹郎氏

アイスタイル社の代表取締役社長兼CEOの吉松徹郎氏は、茨城県出身の1972年生まれ。東京理科大学基礎工学部生物工学科卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。

1999年、同社を退職し、有限会社アイスタイルを設立。化粧品クチコミサイト「@cosme(以下アットコスメ)」を開設した。2000年に株式会社アイスタイル(以下アイスタイル)に組織変更。


出典:同社WEBサイト http://www.istyle.co.jp/

アイスタイル社のサービス

化粧品ユーザーのフィードバック共有が可能に

吉松徹郎氏が設立したアイスタイル社は、コスメ・化粧品の総合サイトであるアットコスメを運営。サイト上で化粧品などの美容商品ユーザーの生の声を公開している。化粧品メーカーなどの企業は自社製品ユーザーのフィードバックに加え、他社製品ユーザーなど幅広い意見を入手でき、商品開発やマーケティングに活用可能。他業界と比較し広告費率が高い化粧品業界では、CRMの観点からもユーザーからのフィードバックは極めて有効な情報である。同サイトは、25万点の登録商品数、月間利用者1200万人を誇る。

同社は、アットコスメを広告媒体とするインターネット広告枠の販売から収益を得ている。また、サイト運用で蓄積されたデータベースをもとに、化粧品メーカーなどのクライアント企業のマーケティング課題に対するソリューション提供も行っている。その他にも、ECサイト(@cosme shopping)や、化粧品専門の実店舗(@cosme shopping)なども展開。

吉松徹郎氏は、CRM (Customer Relationship Management)が脚光を浴びた1993年頃、CRMのコンセプトは目にするが成功事例が少ないことに気づき、起業に至ったという。CRMで重要となるユーザーからのデータを集めるには多額のコストがかかる。データを共有し業界に特化したデータベースの構築を思いついた。

http://www.cosme.net/

事業拡大に向けての動き

アットコスメを起点に領域拡大。より包括的な美容プラットフォームの構築を

同社は、今後の戦略としてBeauty × ITでナンバーワンを目指す。一元管理されたデータベース、統一化されたクーポン・ポイントシステム、あるいはデバイスから利用可能なシステムを有するプラットフォームを構築。その上で複数の美容関連事業を展開する「ビューティープラットフォーム戦略」を掲げている。

コスメなどのプロダクトに加え、ダイエットや食、ヘアサロン、エステといった場所や情報も対象に、美容分野に関する包括的なプラットフォーム構築目指す。

2000年には、ネットイヤー・インキュベーション・キャピタル・コンソーシアムより出資を受け、資本金を5,950千円へ増資。2012年3月に東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場を果たしている。

 

(2016年4月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ