コンサル業界ニュース

2017.01.22 アビームコンサルティング(ABeam Consulting)の概要

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

特徴

  • アビームコンサルティングは、マネジメントコンサルティングやビジネスプロセス、IT、アウトソーシング等、幅広い事業を展開する日本発の総合コンサルティングファーム。
  • 旧等松・トウシュロスコンサルティングのIT部隊に起源を持つ。
  • 国内外の4,300名を超えるコンサルタントに加え、世界各地のアライアンスパートナーを合わせた約12,000名のグローバルネットワークを持つ。
  • また、クライアントのニーズに対する最適なソリューションを提供するため、Adobe、Amazon Web Services、Microsoft Dynamics CRM、NEC、NTTコミュニケーションズ、Oracle、SAP等、世界有数のテクノロジー、ソフトウェア、サービスのプロバイダーとも提携。
  • 出典:同社WEBサイト
     

展開サービス領域

  • 各サービス領域のスペシャリストが提供する「サービス」事業と、各業界に特化した「業界ソリューション」の2軸で事業を展開。
  • 「サービス」では、経営戦略/経営改革(M&A関連サービスを含む)や、HCM(ヒューマンキャピタルマネジメント)、環境ソリューション、CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)、FMC(会計財務・経営管理)、IFRS(国際財務報告基準)、SCM(サプライチェーンマネジメント)、エンタープライズモバイル、アビームデジタル(デジタルマーケティング、IoT、ビジネスインテリジェンス経営支援を含む)、アビームクラウド、ITストラテジー/プランニング、テクノロジーマネジメント、アウトソーシング、SAPコンサルティングを展開している。
  • 「業界ソリューション」では、銀行・証券、保険、決済サービス(カード・モバイル決済)、産業金融、グローバルFSI、ハイテク、エンジニアリング、自動車、プロセス(素材・化学)、ライフサイエンス(製薬)、消費財、食品・飲料、流通・サービス、トランスポーテーション、エネルギー、情報通信・メディア、商社、不動産、公共、文教、医療に専門性を有する。
  • 出典:同社WEBサイト 
     

組織・事業規模

  • アビームコンサルティング(ABeam Consulting Ltd.)は、世界で約4,300名のスタッフを擁する総合コンサルティングファーム。
  • 国内約3,000名、及びアジアを中心とした海外約1,000名のコンサルタントに加え、世界各地のアライアンスパートナーを合わせた総勢約12,000 名のグローバルネットワークを有する。
  • 国内では東京都丸の内の本社を始め、仙台、名古屋、大阪、沖縄のオフィスで事業を展開している。海外には、中国、インドネシア、韓国、マレーシア、タイ、シンガポール、ドイツ、イギリス、アメリカ、ブラジルの10ヶ国19拠点を持つ。また、33ヶ国70の提携パートナーを持つ。
  • マネジメントコンサルティング、ビジネスプロセスコンサルティング、ITコンサルティングやアウトソーシング等、総合的にサービスを展開し、673億円の連結売上を上げる。(2016年3月期)
  • 子会社にブラザー工業社と共同出資のアビームシステムズ株式会社を持つ。同社は、経営・事業戦略としての情報戦略を企画、開発、運用する「フルアウトソーシング」サービスを提供している。
  • また、関連会社として住友商事と共同出資する株式会社住商アビーム自動車総合研究所を持つ。同社は、自動車業界専門の戦略コンサルティング・サービスを提供している。
  • 出典:同社WEBサイト・会社概要ページ アビームシステムズ社 住商アビーム自動車総合研究所
     

歴史

  • 1981年、等松・トウシュロスコンサルティング株式会社設立。
  • 1993年、同社から経営コンサルティング部隊が独立しトーマツコンサルティング(現DTC)を設立。後にアビーム社となるIT部隊のみ等松・トウシュロスコンサルティングに残る。
  • 1997年、社名を等松・トウシュロスコンサルティング株式会社からデロイトトーマツコンサルティング株式会社(旧DTC)に改称。グローバル組織であるデロイトコンサルティングに参加。
  • 2001年、デロイトシステムズ中部株式会社(現アビームシステムズ株式会社)を設立。
  • 2003年、デロイトトゥシュトーマツより脱退。社名をアビームコンサルティング株式会社に変更。(2008年に当時のトーマツコンサルティングがデロイトトーマツコンサルティングへ名称を変更し現在のDTCとなる。)
  • 2004年、NECと戦略的資本提携。
  • 2006年、欧州拠点/アジア拠点を開設。
  • 2008年、中国・西安に2つ目のGDC(グローバル・ディベロップメント・センター)を設立。
  • 2009年、アウトソーシングの米国拠点を設立。
  • 2011年、欧州を拠点とするコンサルティングファーム、ベリングポイント社(BearingPoint Holding B.V.)と業務提携。インドネシアオフィスを開設。
  • 2012年、中国・大連に3つ目のGDC(グローバル・ディベロップメント・センター)を設立。
  • 2013年、ブラジルオフィスを開設。
  • 2015年、アルゼンチンを拠点とするITサービス企業、グルッポアッサ社(Grupo ASSA Corp.)と業務提携。
  • 同年、シンガポールを拠点とするITサービス企業、オプティマムソリューションズ社(Optimum Solutions Singapore Pte. Ltd.)へ資本参画。
  • 出典:自社WEBサイト・沿革ページ
     

アビームコンサルティング出身の起業家(※設立年順)

 
 
特集ぺージで、その他の「コンサルファーム出身の起業家」を見る

 
アビームコンサルティング関連のニュース

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ