コンサル業界ニュース

2017.01.22 デロイトトーマツコンサルティング合同会社(Deloitte Tohmatsu Consulting)の概要

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

特徴

  • デロイトトーマツコンサルティングは、世界最大規模のビジネスネットワークを有するデロイトトウシュトーマツ(世界四大会計事務所のひとつ)のメンバーである、デロイトトーマツグループ傘下の総合コンサルティングファーム。
  • グローバルネットワークを利用し、各国の現地デロイト事務所と連携。世界中のリージョン、エリアにおける最適なサービスを提供する体制を構築。
  • 同社は、デロイトトーマツグループの他の主力事業法人(監査・税務・法務・ファイナンシャルアドバイザリー)とのシナジーと国際力を強みに、クライアントの課題に対するソリューションの提案・戦略立案から実行までの一貫した支援を提供。
  • 「100 年先に続くバリューを、日本から。」というコンセプトを掲げ、クライアントの持続的な成長を支援するコンサルティングサービスに加え、社会課題の解決や新産業の創出によるクライアントを含めた社会全体への貢献を重視。
  • 出典:同社WEBサイト
     

展開サービス領域

  • 業界・業種ごとに特化した課題を解決する「Industry Services」と、特定の機能や目的、組織に根差す横断的な課題を解決する「Competency Services」の2軸でサービスを展開。
  • 「Industry Services」では、コンシューマービジネス、資源エネルギー、金融、ライフサイエンス&ヘルスケア、製造、パブリックセクター、建設・不動産、テクノロジー・メディア・通信の各業界でサービスを展開。「Competency Services」では、企業戦略・事業戦略、組織変革、CFOサービス、オペレーション変革、M&A、ヒューマンキャピタル(人事組織)、テクノロジー、デジタルの各機能でサービスを展開。
  • 2軸のサービスを組み合わせることで、各業界における高い専門性と、特定の機能や目的に対する豊富な知見を用い、各クライアントの課題に適したサービスを提供。
  • 出典:同社WEBサイト
     

組織・事業規模

  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社(DTC)は、デロイトトーマツグループの傘下にある。同グループはDTCの他に、有限責任監査法人トーマツや、デロイトトーマツ税理士法人、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社などの事業法人を持つ、ビジネスプロフェッショナルグループ。
  • 世界四大会計事務所(Big Four)のひとつであるデロイトトウシュトーマツ(Deloitte Touche Tohmatsu Limited, DTTL)のメンバー企業であり、世界150の国や地域で24万人を超える各国のエキスパートたちとの世界最大規模のビジネスネットワークを構築。
  • DTTLの本社があり、グループ内で最大規模を誇るDeloitte USでは、324億ドル(2014年)の収益を達成。
  • DTCは2,417名(2017年1月1日現在)の社員を有し、本社(東京丸の内)を中心に名古屋、大阪、福岡を拠点とする。グローバル支援のため中国、東南アジア、インド、米国、欧州にも約100名の社員が駐在する。
  • 出典:同社WEBサイト
     

歴史

  • 1993年4月に設立。1981年に設立された等松トウシュロスコンサルティングの経営コンサルタント部隊(当時のトーマツコンサルティング)が、2008年にデロイトトーマツコンサルティング株式会社(監査法人トーマツの100%子会社)に社名を変更し現DTCが形成。
  • 2015年には監査法人トーマツの100%子会社から、監査法人と同列であるデロイトトーマツグループ傘下の合同会社となり、社名もデロイトトーマツコンサルティング合同会社に変更。
  • 等松トウシュロスコンサルティングのIT部隊は、2003年に監査法人トーマツとの資本関係を解消したことで、DTTL傘下より脱退。社名をアビームコンサルティングへと変更。

人材育成プログラム

  • DTTLは社員のリーダーシップスキル養成に向けた取り組みの一環として、コーポレートユニバーシティ(米国、欧州、中東、アフリカ、インド等)における、社内人材育成プログラムを実施。
  • 米国テキサス州コーポレートユニバーシティ(Deloitte University)で開催されるリーダーシップ育成プログラムには、世界各国から延べ65,000人以上のデロイト社員が参加。
  • 2016年6月には、アジア太平洋地域のプロフェッショナルを対象にした初めてのコーポレートユニバーシティ(Deloitte University Asia Pacific, DU AP)を開設。
  • 出典:Deloitte University紹介サイト、同社ニュースリリース
     

デロイトトーマツ出身の起業家(※設立年順)

 
 
特集ぺージで、その他の「コンサルファーム出身の起業家」を見る

 
デロイトトーマツ関連のニュース

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ