コンサル業界ニュース

2017.06.29 SENSATION 有吉洋平氏(ローランドベルガー出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください
 

有吉洋平氏のプロフィール

東大在学中に共同創業。ローランド・ベルガーを経て、再び起業


SENSATION 有吉洋平氏

株式会社SENSATION代表取締役の有吉洋平氏は、1990年生の福岡県出身。東京大学工学部在学中にホテルライフ株式会社(宿泊中のホテルサービスを当日予約できるWEBアプリの製作・運営)を共同創業し、代表取締役に就任。2014年、東京大学工学部システム創成学科長賞を受賞。

大学卒業時にホテルライフ株式会社を退社し、 欧州系戦略コンサルティングファームの株式会社ローランド・ベルガーに入社。 同社では、製造業や商社、ファンド等の業界を中心に、戦略立案からオペレーション改善まで、幅広いコンサルティング業務に従事。2015年、株式会社SENSATIONを創業し、代表取締役に就任。

 

出典:同社WEBサイト・会社概要ページ http://www.sensation.tokyo/#about-us

SENSATION社のサービス

若者の本離れを食い止める、新しい書評スタイル

有吉洋平氏が設立した株式会社SENSATIONは、書籍を紹介するWEBメディア「本to美女(honto bijo)」を企画・運営している。同メディアでは、運営側が一週間に一つの悩み(テーマ)を設定し、その悩みを解決するために、毎日一冊ずつ、7冊7ジャンルの本を紹介するという書評コンテンツである。編集部が選定した書籍を美女(同社に属するモデル)が紹介するというユニークなスタイル。若者の本離れが加速する中、「本で人生をちょっと豊かにする」ことを目指し、2016年3月から同メディアを企画・運営している。

「本to美女」と同様のコンセプトを持つ姉妹サイトとして、2016年9月に「マンガto美女」がリリースされた。毎週1冊ずつ、美女が「私の人生をちょっと面白くしたマンガ」の魅力を語るマンガ評書コンテンツである。

また、「本to美女」編集部が登録ユーザーの悩みを直接聞き、「あなたの悩みを解決する本を、あなただけのために選書する」というサービス(本to美女選書)も展開している。本サービスには、お悩み解決のための本5冊がまとめて選書される「一度で悩みを解決プラン」と、毎月1冊ずつ選書される「月額制プラン」がある。両プラン共に、選書のサマリーに加え各本の選書理由なども伝えられるという。

また、WEBメディア事業に加え、「本to美女」サービスを担当するカメラマンが、女子会や誕生日会など、ユーザーが写真を撮って欲しい時・場所に訪問し、写真を撮ってくれる撮影サービス「Photo Me(フォトミー)」等、WEBサービス事業も展開している。

 


「本to美女」WEBサイトイメージ

 

出典:同社WEBサイト・サービス紹介ページ http://www.sensation.tokyo/#service

事業拡大に向けての動き

ファッション領域におけるサービス拡大の動き

同社は、プロのスタイリストがユーザー一人ひとりのために選定したアイテムを定期的に購買できる、コーディネイト定期購買サービス「Pick BOX」(2017年7月リリース予定)や、着用頻度の低いドレス等のシェアサービス「dress box β」(2017年3月β版オープン)等、ファッション業界におけるサービス拡大の動きも見られる。

 

(2017年6月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ