fbpx

コンサル業界ニュース

アビームコンサルティング

アビーム「ABeam Cloud」の提供開始。複数のクラウド基盤に、業種・業務ノウハウを組み合わせ提案

アビームコンサルティングは、豊富な業種・業務ソリューションをスモールスタートで利用可能なSaaS型のサービス「ABeam Cloud」の提供を開始すると発表した。 「ABeam Cloud」は、アビームコンサルティングがこれまで様々な業界・業種へのコンサルティングサービスで培ったテンプレートや業務アプリケーション群を、国内外のクラウドベンダーが提供する基盤をベースとして利用できるSaaS型のサービス

2015.03.14

アビーム、NECの完全子会社に。最後の0.01%を譲渡。

現在のアビームコンサルティングの株式は日本電気株式会社が99.99%を、アビーム・パートナーズ投資組合 0.01%を保持している。アビーム・パートナーズ投資組合の持つ0.01%の株式が日本電気に譲渡され100%完全子会社になる模様。アビーム・パートナーズ投資組合の詳細は不明。

2015.02.28

アビームのロゴが胸に。サッカーJ1モンテディオ山形ユニフォーム発表。

アビームコンサルティングは、経営に参画しているJリーグクラブチーム モンテディオ山形について、2015シーズン公式戦用ユニフォームスポンサーになることが決定したと発表した。 本ユニフォームは2015シーズン公式戦(明治安田生命J1リーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯 等)において、選手が着用するということだ。

2015.02.05

ZDNet、アビームコンサルがモンテディオ山形の経営に関し取材した記事を掲載

ZDNet Japanは、アビームコンサルティングがJリーグ、モンテディオ山形の経営に関わった様子を取材した記事を掲載している。 モンテディオ山形の運営母体である公益社団法人山形県スポーツ21世紀協会は、アビームコンサルティングと共同で、トップチームに関わる運営を進めるための新会社「株式会社モンテディオ山形」を設立。財務基盤の強化とともに、新たなスポンサーの獲得、ファンのためのサービス強化をはじめ、さまざまな事に取り組んでいる。ZDNetは、これまでの経緯や背景とともに、それらの取り組みを紹介している。

2014.12.26

アビームコンサル、エネルギー事業者向けに コンサルサービス開始を発表。オープンリンク社と組む。

ビームコンサルティング株式会社と、ニューヨークに本社を置くオープンリンク社は、エネルギー事業者(主に電力・ガス会社)向けに、エネルギーバリューチェーン全体の最適化・国際競争力強化を支援するコンサルティングサービス提供の推進に合意したと発表した。

2014.12.11

アビームが経営に参画しているモンテディオ山形、J1昇格決定

アビームコンサルティングが経営に参画しているサッカーJリーグ モンテディオ山形が、12月7日に行われたジェフユナイテッド千葉とのJ1昇格プレーオフ 決勝を1-0で制し、J1への昇格を決めた。

2014.12.09

アビームコンサルティング岩澤社長のインタビューZDNet Japanに掲載。アビームクラウドから、ITコンサルの資質まで様々に語る

11月6日、ZDNet Japanはアビームコンサルティング代表取締役の岩澤俊典氏のインタビューを掲載。岩澤氏は、1966年生まれで大手総合商社を経て、1997年にデロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)に入社し、2009年より現職。

2014.11.07

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ