コンサル業界ニュース

モンテディオ山形

アビームのロゴが胸に。サッカーJ1モンテディオ山形ユニフォーム発表。

アビームコンサルティングは、経営に参画しているJリーグクラブチーム モンテディオ山形について、2015シーズン公式戦用ユニフォームスポンサーになることが決定したと発表した。 本ユニフォームは2015シーズン公式戦(明治安田生命J1リーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯 等)において、選手が着用するということだ。

2015.02.05

アビーム、モンテディオ山形のユニフォームの胸の位置に、山形新聞報じる。

今年からサッカーJ1に昇格するモンテディオ山形のユニホームスポンサーが決まったと山形新聞が伝えている。 同紙によると「株式会社モンテディオ山形設立に関わったアビームコンサルティングが新たに胸の位置につくことが分かった」とのことだ。県やJA全農山形など、県内JAグループがメーンとなった胸の「つや姫」は今季から背中に回りるという。スポンサー料は昨季の2倍近い1億円台半ばになるもようとのこと。

2015.01.15

ZDNet、アビームコンサルがモンテディオ山形の経営に関し取材した記事を掲載

ZDNet Japanは、アビームコンサルティングがJリーグ、モンテディオ山形の経営に関わった様子を取材した記事を掲載している。 モンテディオ山形の運営母体である公益社団法人山形県スポーツ21世紀協会は、アビームコンサルティングと共同で、トップチームに関わる運営を進めるための新会社「株式会社モンテディオ山形」を設立。財務基盤の強化とともに、新たなスポンサーの獲得、ファンのためのサービス強化をはじめ、さまざまな事に取り組んでいる。ZDNetは、これまでの経緯や背景とともに、それらの取り組みを紹介している。

2014.12.26

アビームが経営に参画しているモンテディオ山形、J1昇格決定

アビームコンサルティングが経営に参画しているサッカーJリーグ モンテディオ山形が、12月7日に行われたジェフユナイテッド千葉とのJ1昇格プレーオフ 決勝を1-0で制し、J1への昇格を決めた。

2014.12.09

アビームコンサルティング、モンテディオ山形の2014公式戦用ウォーミングアップウェアのスポンサーに。

アビームコンサルティングはモンテディオ山形の2014シーズン 公式戦用公式ウォーミングアップウェアのスポンサーになることを決定した。アビームコンサルティングは2013年6月にJリーグ・モンテディオ山形の運営パートナー企業になることを発表し

2014.03.17

アビームとモンテディオ、共同記者会見。8月に新会社設立へ。

2013.06.22

アビームコンサルティング、モンテディオ山形の運営パートナーに選定される

アビームコンサルティング、モンテディオ山形の運営パートナーに選定される

2013.06.15

Pickup

Feature

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第3回】IGPIはなぜ「AIブーム」到来前から取り組むことができたのか

IGPIの多様な事業領域の一つ、「株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス」(以下BAI)に焦点を当てた。BAIは、昨今話題のAI分野におけるIGPIの戦略子会社で、ビッグデータの活用やAI(人工知能)の最先端の開発を行っている。IGPIはなぜ現在のAIブームに先駆けてBAIを立ち上げられたのか、また、何が行われているのか、今回はその点を解き明かしていきたい。BAI代表取締役CEOの川上登福氏がその疑問に答える。

2017.11.17

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第2回】IGPIが投資ファンドとは異なる投資主体である理由

過去に投資銀行でM&Aや投資アドバイザリーを行い、戦略コンサルティングファームで企業へのアドバイスを行ってきた後、経営共創基盤に参画した取締役マネージングディレクターを務める塩野誠氏に話を聞いた

2017.11.13

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第1回 】新しい形態のファームを目指してきた10年

経営共創基盤(IGPI)は設立から10年が経過し、コンサルティング業界において独特な存在感がある個性際立つファームとなった。それは設立当初の狙い通りなのか、あるいは偶然の産物なのか。4回の連載に渡りIGPIの10年に迫る。1回目は、成り立ちから今までの歩みを村岡隆史・代表取締役マネージングディレクターに聞いたインタビューをお届けする。

2017.11.07

ページの先頭へ