コンサル業界ニュース

2017.11.15 チェンジ神保吉寿氏(アクセンチュア出身)

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

コンサルティングファームからの起業家
コンサルグファームを卒業後に「起業」にチャレンジしている人は多い。
本特集「コンサルティングファームを経た起業家たち」では、コンサル出身の起業家を詳細に紹介します

→特集トップページへはこちらをクリックしてください

神保吉寿氏のプロフィール

アクセンチュアの同僚たちと創業

チェンジの神保吉寿氏は岡山市出身、岡山大学法学部を卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。IT企業「ジェイワールド」(現SCSK株式会社)入社、2001年に独立してフリーコンサルタントとして活動。その際に、日本の人口が減少して将来的に日本の生産力が低下することを強く認識。社会問題に直面する日本の社会をより良い方向に導くことを意味する「Change People, Change Business, Change Japan」をミッションに掲げ、2003年4月にチェンジ設立にいたった。

チェンジ創業時には、志に賛同してくれたアクセンチュアの福留大士、伊藤彰、金田憲治、石原徹哉の4氏が合流した。また、設立から2年後にも同僚の高橋範光氏が加わった。

チェンジのサービス

主力事業はIT教育からNEW-ITトランスフォーメーションへ

チェンジは設立当初は、コンサルティングファームの下請け業務を行ってきたが、人の変革を目指してIT技術者教育に力を入れるようになる。現在は、 AI(人工知能)、IoT、ビッグデータ解析なども活用してクライアントの業務改革に取り組む「NEW-ITトランスフォーメーション」が主力になっている。

NEW-ITトランスフォーメーション事業は4つのサービスラインで構成。ライン毎に顧客の業務改革を実現するためのツール・ノウハウを有しており、顧客のニーズに基づいてこれらを組み合わせることで包括的に顧客の要望に合致したサービスが提供可能としている。

■ Mobile & Sensing Application:データ入力・参照及び意思決定デバイスとしてのモバイル活用とセンサーなどを用いた自動データ収集の仕組みの構築運用。
■ Enterprise Security & Infrastructure:クラウドや仮想技術などを用いたITインフラ刷新およびセキュリティルールの設定・モニタリング
■ Analytics & IoT:IoTを活用したオペレーション・ビジネスモデルの再構築及びビッグデータの解析・活用
■ Next Learning Experience:IT事業者のNEW-IT化支援及びNEW-ITを実現する人材のための次世代型学習プログラムの提供

(同社WEBサイトより)

チェンジの今後の展望

パートナーをIPO支援でNEW-ITを市場に浸透させる

2003年4月に資本金650万円で設立。その後は何度かの増資を行い、2016年には同6850万円、東証マザーズ上場を果たしている。

NEW-ITトランスフォーメーション事業のパートナーとなるベンチャー企業のIPOに向けた支援プログラム「IPOアクセラレーション・プログラム」を開始、2017年3月~2019年3月までの2年間に総額10億円を上限に、IPO実現の加速を支援。これによってNEW-ITを市場に浸透させていくことを狙っている。

出典:同社公式サイト

 http://www.change-jp.com/l

出典:ビッグライフ21神保氏インタビュー

 http://www.biglife21.com/companies/13820/l

出典:アントレペディア

 http://entrepedia.jp/people/P-001035/l

 

(2017年11月 コンサル業界ニュース編集部によるまとめ)

コンサルファームからの起業

コンサル業界ニュースメールマガジン登録


 

Pickup

Feature

マッキンゼー出身の原聖吾氏が設立した医療系スタートアップが11億円の資金調達

マッキンゼー出身の起業家 原 聖吾 氏が2015年に起業した医療系スタートアップ「株式会社情報医療」(※以下「MICIN」)が、2018年4月末までに三菱商事株式会社など4社から11億円を調達したことを発表した。

2018.05.15

~INTERVIEW~A.T.カーニー石田真康が歩む戦略コンサルタントと宇宙ビジネス活動という2つの世界

宇宙ビジネスに取り組むきっかけ。それは、30歳を手前に病に倒れた時、少年時代に抱いた宇宙への憧れを思い返したことだった。石田氏は戦略コンサルタントとして活動しながらどのように宇宙ビジネスに取り組んでいるのか語ってもらった。

2018.01.10

~INTERVIEW~ 経営共創基盤の10年【第4回】コンサル業界の枠を超えたプロフェッショナルファームの実像

経営共創基盤(IGPI)の代表的な実績の一つが、東日本の地方公共交通など8社を傘下に持つ「みちのりホールディングス」への出資と運営だ。経営難の地方公共交通事業を再建しローカル経済にも貢献している意味でも高い評価を得ている事業。なぜ右肩下がりが続く構造不況業種の地方公共交通に出資したのか、どのように事業再生の成功にまでに至ったのか。みちのりホールディングス代表取締役の松本順氏(経営共創基盤・取締役マネージングディレクター)に聞いた。

2017.11.22


ページの先頭へ